希望限度額が300万円以内なら、所得証明書の必要なし。おまとめ・借り換えももちろんOK!

事前にご融資可能か1秒診断もできるので、借り入れに不安な方でも安心!

条件をつけて、振込みをさせなくするという今までにない詐欺対策

約2分11秒で読めます

愛知県の岡崎信用金庫において、今までになり詐欺対策が実施されます。

70歳以上の振り込み制限 愛知の信金、3年未利用で

 愛知県岡崎市の「岡崎信用金庫」は11月1日から、高齢者の被害が多い振り込め詐欺を防止するため、現金自動預払機(ATM)で3年以上キャッシュカードによる振り込みをしていない70歳以上の顧客を対象に、カードでの振り込みをできなくする制限を始める。同信金が13日までに明らかにした。岡崎署によると、全国初の取り組みという。

 市役所や税務署職員をかたり返金があるとうそを言い、カードでの振り込みに不慣れな高齢者を電話でATMに誘導して振り込ませる「還付金詐欺」が多発していることから、岡崎信金が岡崎署と対応を検討した。制限がかけられても、窓口からの振り込みはできる。

 

引用先 とうしんウェブ http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/economy/1-0326443.html

70歳以上で、3年ATMからキャッシュカードを利用しての振込みをしていない人に対して、キャッシュカードでの振込ができないようにするという対策です。

高齢者になると振込みをするという機会が極端に少なくなることもあります。そのような人が急にATMを利用していく場合、何かしらの指示で、振込みをさせられているのではないか・・・という考えからこのような対策が取られたと推測できます。

ATMを利用しての、振込みはできなくなりますが、窓口では問題なくできます。窓口であれば職員がしっかりとやり取りをすることができるので、現状の振込め詐欺は防いでいけるでしょう。

このような試みは初めてであり、効果的であれば全国的に広がっていく可能性はあります。

現状の振り込め詐欺に対しては効果的かもしれません。しかし、振り込め詐欺がなくなることはないと考えられます。

おそらく、窓口対応が必須になった後も狡猾な人間によって、抜け道や、隙をつくような方法が生まれてくることになるでしょう。こればかりはいたちごっこのようになってしまう面があり、しっかりと対策を考え続けなければいけません。

とは言っても、対策がいつまで経っても生まれてこないというのは詐欺を仕掛ける人間に余裕を持たせてしまいます。

そのような意味でも、今回新しい試みを行なっていくというのは、詐欺犯人側にプレッシャーをかけていくこともできるでしょう。

いずれ、別の対策が必要になるにしても、「新しい対策が生まれた」ということ自体に大きな意味があると考えられます。
The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

お金について気になること、不安な事、巻き込まれたくない詐欺や事件などについて紹介をしていきます。多様化しているお金との付き合い方は知っておいて損はありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加