希望限度額が300万円以内なら、所得証明書の必要なし。おまとめ・借り換えももちろんOK!

事前にご融資可能か1秒診断もできるので、借り入れに不安な方でも安心!

ネットの力をフル活用していことは大切であるが・・・難しい

約2分2秒で読めます

インターネット上に情報を公開して情報を集めるというのは、効果的な手段になることが多いです。

しかしその一方で、情報を拡散してしまうだけになってしまうことも多く、情報の扱いにはとても

大きな注意が必要であることは間違いないでしょう。

一歩間違えてしまえば、それで、全く関係ない人を巻き込んでしまう結果になり得ます。そのようなことが起こってしまうのは非常に多くの人を不幸にしてしまうだけになると言えるでしょう。

 

警視庁に関する情報で下記のようなことがありました。

「実は少年」見た目での判断難しく

警察が事件解決のために情報提供を呼びかける公開捜査で、20歳未満の少年の顔写真や動画が特殊詐欺事件の容疑者としてホームページ(HP)で掲載されたり、マスメディアに提供されたりするケースが起きている。罪を犯した少年の名前や容姿が分かる情報の公開を禁じる少年法がある中、警察庁は2003年に殺人などの凶悪事件に限って少年の公開捜査を認めた。しかし、特殊詐欺の「出し子」役の少年の写真がインターネットで拡散した事例もあり、識者から捜査手法のあり方を問う声も上がる。

引用先 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20170427/k00/00e/040/218000c

情報収集は犯罪捜査において非常に大きな意味を持ってきますが、

その情報収集によって関係の内人が巻き込まれるような状況を作ることは良くないでしょう。

 

全く関係のない人の写真が公開されてしまうようなことがあると、公開されてしまった人の写真というのはインターネット上に強く残ってしまうことが多いです。

インターネット上に残ってしまうということは、それらをすべて消すことが難しいことを意味しています。

近年は個人情報がインターネット上に残ってしまうと言うことに関して、リスク管理がしっかりできていない人がいますが、非常に恐いことであることは確かです。

ただ、手段がないわけでなく、被害を最小限に抑えていくことも、専門家等と話をすれば可能ではあるでしょう。

警察によって、関係ない人が被害に遭遇するようなことはしっかりと防いでいかなければいけません。

公開捜査を、人々のリスクにしてしまわないような、しっかりとした方針が求められていることでしょう。

 
The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

お金について気になること、不安な事、巻き込まれたくない詐欺や事件などについて紹介をしていきます。多様化しているお金との付き合い方は知っておいて損はありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加