希望限度額が300万円以内なら、所得証明書の必要なし。おまとめ・借り換えももちろんOK!

事前にご融資可能か1秒診断もできるので、借り入れに不安な方でも安心!

安易な決断や判断が詐欺被害を広める形になってしまうことも・・

約1分59秒で読めます

今現在、お金が捨てられているということが頻繁に起こってきているようです。

 

「現金の落とし物」がバブル末期を上回る36億円に。「タンス預金」増加と「振り込め詐欺」急増の密接な関係。

8月14日、石川県加賀市のゴミ集積場で、重箱に入った現金2000万円が発見されて大騒ぎになりました。

実は、このところ立て続けにゴミの中から現金が見つかっていて、4月には群馬県沼田市で収集された廃棄物の中から4251万円、5月には奈良県でゴミの中から1000万円が発見されています。

また、6月には、福島県田村市で回収されたごみと一緒に捨てられていた現金の中から1000万円を清掃員が自宅に持ち帰っていたことが発覚して大騒ぎになりました。

実は、昨年4月も、京都市の収集ゴミの中から現金2300万円が見つかっていて、それほどの額でないなら、東京都江東区で家庭ゴミの中から現金120万円、諫早市で鉄くずの中から現金300万円と、かなり頻繁に現金が見つかっています。

それもそのはずで、警視庁によれば、昨年の現金の落とし物は36億円。

バブル末期でも35億円だったそうなので、それを上回っているということです。

 

引用先 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170905-00010002-manetatsun-life&p=1

大金が落ちているというのは普通に考えたら、ありえない状態となります。

しかし、実際にお金は多く落ちているような状況であり、異様な状況ができあがっていることになります。

 

銀行を活用しないというのは、今現在では、お金の管理という面でデメリットが出てきているようです。

お金を自分で管理しているのと、銀行で管理しているのとでは、詐欺のひっかかりやすさに差が出てきている傾向があり、銀行が抑止力になることが多い今現在では、銀行に預けているほうが詐欺の被害に遭遇しにくい状況となっています。

銀行が信頼できないということで、自己管理をしようとしている人が多くいますが、自己管理というのは、詐欺にひっかかりやすくなるデメリットがあるということでしょう。

(もちろん自分ですぐにお金を使うことができるというメリットもありますが・・・)

気をつけていきたいものです。

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

お金について気になること、不安な事、巻き込まれたくない詐欺や事件などについて紹介をしていきます。多様化しているお金との付き合い方は知っておいて損はありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加