道具屋などと言われる、詐欺グループの活躍を支える人員の逮捕

道具屋と言われる、詐欺グループの活動を支えているいる人間が逮捕をされました。“道具屋”か都内の男を詐欺容疑で逮捕「医療費が返ってくる」とうその電話をかけ、お年寄りから現金をだまし取ったとして都内の男が逮捕され、警視庁は、...

>記事を読む

過払いから残業代請求へ!移り行く弁護士としての業務内容

弁護士の業務内容というのは時代によって大きく変わっていく傾向があります。もっともわかりやすいのが過払い金請求でしょう。過払い金請求に関しては、もうすでにピークは過ぎており、仕事量は大きく減ってきています。それゆえに弁護士...

>記事を読む

銀行員の不正は防ごうと思っても防ぐのには限界がある

長野銀行員が、顧客のカードローンを悪用したとして、詐欺罪の告訴を検討されているという事件が発生しました。現在この銀行員は懲戒解雇を受けており、仕事をしておりませんが、銀行員の不正というのは一般の人からすると非常に目に見え...

>記事を読む

原爆被爆者という立場を利用した詐欺!?日本人のモラルは・・・

非常に残念なことに、原爆の被爆者の会会長が、手当てを搾取したとして逮捕されました。<被爆者介護手当詐取>県原爆被爆者の会会長を逮捕 徳島徳島県警徳島東署は12日、被爆者介護手当を不正に受給させたとして、徳島市川内町松岡、...

>記事を読む

事情を知らない受け子に対してどのように対処をしていくか

現在、詐欺を使用と思っているわけではないのに、詐欺の加害側に巻き込まれてしまう人が増えています。どのような経緯であるのかはわかりませんが、慈善事業等を背景にし、多くの人を巻き込もうとしているのかもしれません。詐欺未遂容疑...

>記事を読む

実刑確定は妥当なこと、性善説で成立つ職業を悪に染めているという行為

僧侶という立場を利用し、得度(僧侶になるための修行)を利用し、融資金を騙し取っていたという事件において、犯人である元僧侶が実刑確定がされました。得度悪用し多重債務者らの名前変更→1・3億円詐取…詐欺罪の51歳元僧侶、実刑...

>記事を読む

病気になった時のローン返済は大きな負担になり得る・・・そこで出てきた保証

長野市にある八十二銀行において、病気や怪我をしてしまっている人向けのローン保証ができました。八十二銀行の大型フリーローン向けに、病気やケガで働けなくなったときのローン返済支援保障を提供開始~一部抜粋~八十二銀行の「大型フ...

>記事を読む

詐欺の逮捕者が容疑を否認・・・どのような理由で否認しているのか気になる

特殊詐欺のかけこと呼ばれる立場の人間を14人逮捕したのですが、そのうちの9人は容疑を否認しているということです。<特殊詐欺>架け子14人逮捕 9人否認社債購入名目で現金をだまし取ったとして、宮城、岐阜両県警の合同捜査本部...

>記事を読む

職員にも生活保護に関する見識を見直していく必要性がある

生活保護に関しては、不正受給をするほうが絶対に悪いのですが、不正受給を見つけることができない行政側にも責任があると考えている日とは多いです。その理由としては以下のようなことが挙げられます。生活保護を不適正処理 過払い数百...

>記事を読む

誤認逮捕は絶対にあってはいけない!警察が詐欺の共犯のようになってしまう!

詐欺事件に対して、誤認逮捕がありました。現在、誤認逮捕された人は釈放されているのですが、下手をすれば長時間拘束をされていた可能性を考えると決して無視をすることはできません。詐欺事件で男性を誤認逮捕 警視庁、すでに釈放警視...

>記事を読む

友達でもお金のやり取りというのは大きな注意が必要であることは間違いない

友達とのお金のやり取りに違和感を覚える、不信感を覚える人は少なくありません。些細な金額であっても人間関係を大きく壊してしまう可能性のあるお金のトラブルというのは、できるだけ避けておきたいものです。人によっては人間関係を失...

>記事を読む

20歳であるという自覚を持つことが予防の第一歩になりえる

ラインでの投資詐欺で20歳の学生が狙われているようです。誕生日LINEで「どう?」 投資詐欺、狙われる20歳 ~一部抜粋~契約親の同意必要なし 大学生らを狙った投資詐欺などの被害が相次いでいる。ローン契約に親の同意が必要...

>記事を読む

1 2 3 4 5 6 7 64