希望限度額が300万円以内なら、所得証明書の必要なし。おまとめ・借り換えももちろんOK!

事前にご融資可能か1秒診断もできるので、借り入れに不安な方でも安心!

本を定価よりも安く買う方法

約1分43秒で読めます

現状の日本には、本に対して再販制度というものがあるのをご存知ですか?この制度によって、本は基本的に定価でしか販売されないようになっているのです。しかし、実際には本を定価よりも安く方法があるので、ここではその方法を紹介していきます。

ポイントを貯める

各本屋さんやクレジットカードのポイントを活用して得をするという方法があります。ただ、ポイントには有効期限があったり、クレジットカードでも1%前後なので、そのことを念頭に置いておいてください。本屋さんのポイントとしては、だいたい100円につき1ポイントで、1ポイント1円として使えるといったところが大半です。通常、10円、1円単位の端数にはポイントが付かないので、まとめ買いをした方がお得になる場合が多いです。また、図書カードなどの金券を使った場合でもポイントがつく本屋さんも多いので、そういった金券をオークションや金券ショップで安く手に入れて、ポイントと組み合わせるというのもおすすめです。

図書カードなどの金券を活用する

オークションや地元の金券ショップで図書カードなどの金券を買い、その金券を使って本屋さんで本を買うと、結構安く本を買うことが可能です。金券ショップで売られている金券の中で本を買う際に最もおすすめなものが「図書カード」になります。こちらは額面のだいたい2~4%引きで販売されていることが多いと思います。つまり、1,000円の図書カードであれば、960円~980円で買える計算になりますね。オークションだと、額面の5%引きなども結構あるので、一度ヤフオクや楽天オークションなどを覗いてみることをおすすめします。

古本屋さんで買う

特に新品の本にこだわりがないなら、ブックオフなどの古本屋さんで買うことをおすすめします。100円でもなかなか興味深い本が置いてある事が多いので、地元の古本屋さんを一度訪れてみてください。本屋さんは買わなくても一日中滞在できるぐらい楽しいところなので、近くの本屋さんを検索していろいろまわってみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
雨輝

雨輝

経営コンサルティングやファッション業界などの経営経験を積んだ後、ライティングの世界へ興味を持つ。現在は、書籍、雑誌、WEBなどであらゆるジャンルの記事を担当するライターおよびディレクターとして活躍中。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加