希望限度額が300万円以内なら、所得証明書の必要なし。おまとめ・借り換えももちろんOK!

事前にご融資可能か1秒診断もできるので、借り入れに不安な方でも安心!

食費を節約するために超基本的なこと

約1分47秒で読めます

日々、食費の多さに頭を悩ませている主婦の人も多いのではないでしょうか?今回は食費を節約するための基本的なテクニックを紹介しようと思います。

自炊する

最も基本的なものとして、まずは自炊からです。これさえしていれば、だいたい食費は下がります。一食分のお金を自炊と外食で比べると、3~5倍ほど出費に差がでると思います。たとえ外食をしなくても、ピザやお寿司などの出前を頼むことによって、かなりの出費になりますよね。居酒屋に行くのも同じです。家でお酒を飲むのと、外でお酒を飲むのとでは驚くほど出費に差がでます。一ヶ月のうち、何回外食をするかによって食費が左右されてしまうので、極力外食を減らして自炊の回数を増やすことが食費の節約の最も効率的なやり方といえます。もし、あなたが一人暮らしで自炊は面倒臭いしあまり時間がないと悩んでいるのであれば、一回の調理で数食分の料理を作ってしまい、冷凍保存することをおすすめします。本当に、これだけでもだいぶ時間とお金の節約になりますよ。

なるべく安い素材を買う

これも基本的なことですが、家の近くに数店舗スーパーがあるなら、それぞれの品物が一番安い所を見つけておきましょう。例えば、人参はこのスーパー、お肉はこのスーパーなど、スーパーが隣接していれば品物ごとに安いスーパーを記録しておくのです。そうすることによって、少しでも安く料理のための素材を手に入れることができます。あと、できればお肉や野菜などの産地も気にするようにしましょう。いくら安いといっても、健康に被害が出る可能性のある産地のものは避けるべきです。代表的なものでいえば、中国産など。

嗜好品を買い過ぎない

きちんと自炊をして、激安スーパーで買っているのに食費が減らせないという人は、おそらくお酒やコーヒー、ジュース、お菓子などの嗜好品を買い過ぎていると思います。こういったものは意識しないと抑止できません。無意識のうちにそのような嗜好品を買わないために、強い意志を持つことが大事です。節約上手な人は、基本的にそういったものはたまに自分へのご褒美として必要最低限しか買っていません。

The following two tabs change content below.
雨輝

雨輝

経営コンサルティングやファッション業界などの経営経験を積んだ後、ライティングの世界へ興味を持つ。現在は、書籍、雑誌、WEBなどであらゆるジャンルの記事を担当するライターおよびディレクターとして活躍中。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加