希望限度額が300万円以内なら、所得証明書の必要なし。おまとめ・借り換えももちろんOK!

事前にご融資可能か1秒診断もできるので、借り入れに不安な方でも安心!

夏休みにやりがちな3つの無駄遣い行動

約1分49秒で読めます

夏休みに入ると、普段以上に出費が増えるという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?帰省や家族旅行などでちょっと遊びにいくだけでも予想外の出費が重ねってしまいます。多少の出費は仕方ありませんが、なるべく無駄な出費は減らしたいですよね。ここでは、夏休みにやってしまいがちな3つの無駄遣い行動について紹介します。

1,自分で旅行プランを立てずにパック旅行を活用する

夏休みといえば旅行!という方も多いと思います。その旅行ですが、低コストで満足度の高い、いわゆるコスパの良い旅行をしようと思うなら、自分で旅行プランを立てずに、パックツアーを活用することをおすすめします。パックツアーの中でも、特に特典のついているプランを選ぶと、よりお得感が増します。特典とは、近場のアミューズメント入場料が無料だったり、ホテルのプールを無料で利用できたりなど、様々なサービスを各社が出しています。自分たちで好きなように旅行するのも良いですが、特に夏休みはどこも料金が高くなってしまいますので、このような特典付のパックツアーを活用して、コスパの良い旅行を楽しんだ方が良いでしょう。

2,お土産を買う際はじっくり考えてから買う

旅行に行くと、せっかく来たのだから!と、どうしてもあれこれと無駄な物を買ってしまい、後で後悔するといったケースが少なくありません。そうならないためにも、きちんと予算を立てて買うようにしましょう。特に、子供たちは「一人2,000円まで」などと決めて置かなければ、いくらお金があっても足りません。また、お土産を買って帰る相手を事前にしっかりと把握しておくことで、何個入りのお菓子を買えば良いかがわかり、無駄を省けます。

3,屋台では食べ物を買わない

夏休みは海やお祭りなどの行事が多いですよね。そういったところで絶対にあるのが屋台。屋台で買って食べるとなぜか美味しく感じたりしますが、コスパで言えばかなり悪いのは間違いありません。節約をしたいのであれば、屋台では買わずに、スーパーなどで購入したものを持っていくようにしましょう。金魚すくいなど、普段はなかなかやっていないイベントにお金を使うのは良いと思います。

The following two tabs change content below.
雨輝

雨輝

経営コンサルティングやファッション業界などの経営経験を積んだ後、ライティングの世界へ興味を持つ。現在は、書籍、雑誌、WEBなどであらゆるジャンルの記事を担当するライターおよびディレクターとして活躍中。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加