希望限度額が300万円以内なら、所得証明書の必要なし。おまとめ・借り換えももちろんOK!

事前にご融資可能か1秒診断もできるので、借り入れに不安な方でも安心!

親に支払いしてもらえばいいや

約2分1秒で読めます
px0010029811w

消費者金融の人たちは兎に角貸し出しをしたからには、利息をプラスして返済してもらわなければなりません。しかしグダグダ消費者金融は文句を言いたくなるのも当然であり、消費者金融の恩というものを債務者は仇で返そうとするケースが非常に多いのです。借りればこっちのもの・・・、本当にそれは正しい言い方でしょうか。

消費者金融は兎に角請求する

債務者が全然音沙汰ないから、消費者金融は、電話代を使ってわざわざ、「お願いします、そろそろ私達に返済をしていただけないでしょうか・・・」という謙虚な電話をかけて行く必要があります。いえ、本当にそんな低姿勢で消費者金融は電話をかける必要があるのでしょうか。
昔の消費者金融はこんなじゃありません。紳士的な消費者金融というイメージを持っている業者だって、「なんだ、この野郎、金返せ!」という勢いです。債務者もそれなりに図太いことは図太い訳ですし、消費者金融は目には目を、歯には歯をというモチベーションでいます。

しかし消費者金融は何も出来なくなってしまった

法律が厳しくて消費者金融は何も出来なくなってしまったのです。本当にちょっと社員が単独プレイによって謀反を行っただけで、営業停止となってしまうので、消費者金融は社員の管理を徹底的に行い戦々恐々の日々を行っています。

本人は不在です

消費者金融が自宅へ電話をすれば、大抵多くの家庭では、本人が出るというよりも、ご両親のみなさんが出て来ます。そして言うでしょう、「本人は不在です」と・・・。そのとき、昔の消費者金融ならどのような行為に出ていたのかと言えば、「○○消費者金融のものですが、お宅の息子さんが、支払いを滞っているのですが、方法ないですかね・・・」とか、そのようなモチベーションで相手を揺さぶってみたりします。実際に昔だって、親が連帯保証でもありませんし、請求出来ない立場であることは判っていましたが、まだまだ寛容に思われていた所はあります。
それは、親が子供の保護者だからです。しかし当然、親はもう子供は成人なのだから、親の支払い義務もあるはずはないと主張するでしょう。
いえ、そう主張する親ほど、実際には、成人になる以前にもしっかり教育をせずにさんざん責任逃れてしていたために子供はこのようにぐうたらになり、今消費者金融に支払いしないのは、やはり親の責任だということを訴追したいのです。親にもまだまだ責任はあるのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
hanako

hanako

私は長い間、消費者金融に勤務して来ました。ゆえに内面からキャッシングのメリットもデメリットも知っています。多くのみなさんに経験をもとにした、出来る限りのアドバイスが出来ればと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加