希望限度額が300万円以内なら、所得証明書の必要なし。おまとめ・借り換えももちろんOK!

事前にご融資可能か1秒診断もできるので、借り入れに不安な方でも安心!

仮審査と本審査があると聞きましたが一体何が違うの?

約2分5秒で読めます
xf3055068711w

仮審査と言う言葉を実際に消費者金融で頻繁に聞くようになりました。仮審査があると言うことはもちろん本審査と言うものがあると言うことです。

仮審査と本審査がある

まず、消費者金融での即日融資一番ベストな方法は、Webの申し込みフォームより仮の審査を行うことであり、次に仮審査に通過すれば、本審査を受けるために、無人契約機へ向かってください。ここで、本当の審査が行われて審査に通過すれば、  晴れてキャッシングが可能となります。
仮審査とは、コンピューターによって簡略化した方法によって行われる審査のことを言います。消費者金融がなぜ、そのような審査を行うのかと言えば、おおざっぱな審査を行うことによって、本当に借り入れ出来ない人たちを切り捨ててしまいたいのです。
実際に借り入れしたいと言う人たちの中には、審査を受けるに値しない人たちがいます。そのような人たちが消費者金融の窓口にごったがえすことによって、消費者金融は人件費も嵩み、即日融資が不可能になってしまうのです。

仮審査があるから消費者金融では即日融資が可能に

まず、おおざっぱな方法でもって貸し出し可能か否かと言うことを仮審査して行きます。それはコンピューター化されたスコアリングシステムと言う方法です。あらかじめ消費者金融で決められた基準が数値化されたものです。このシステムにあてはめて、借り入れ可能かどうか審査を行い、仮審査に通過すれば、今度はコンピューターではなく、人的に本格的審査を行うことになります。
実際に仮審査に通過しても、本審査に落ちると言うケースもあるようですが、おおかたは、本審査はより具体性をもって、いくら貸し出し出来るかと言うことを審査して行くことになります。

Web申し込みフォームからだから楽々

まず、私達はネットより申し込みを行うことが出来る時代になったと言うことをメリットとして捉えるべきです。Webだから申し込みが24時間出来ます。ただし審査が24時間行われている訳ではないと言うことも知る必要があります。コンピューターと言えども最終的には電話が消費者金融の社員よりかかって来ます。時間をしっかり意識しなければ即日融資は不可能です。
かつWebが便利と言うことで複数同時に申し込みをする人たちがいるようですが、仮審査は既に個人を特定しているために信用情報機関に登録されることになりますので、特に用心しましょう。慌てて借り入れをしたいと消費者金融に思われてしまい、今後の審査にはデメリットです。

The following two tabs change content below.
hanako

hanako

私は長い間、消費者金融に勤務して来ました。ゆえに内面からキャッシングのメリットもデメリットも知っています。多くのみなさんに経験をもとにした、出来る限りのアドバイスが出来ればと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加