希望限度額が300万円以内なら、所得証明書の必要なし。おまとめ・借り換えももちろんOK!

事前にご融資可能か1秒診断もできるので、借り入れに不安な方でも安心!

年金の人たちが借り入れする方法は

約2分4秒で読めます
gf0110104653w

年金の人たちも借り入れをしたい時がある

なかなか消費者金融では、年金の人たちに気軽にお金を貸し出し出来ると言う感じではありません。総量規制の視点より、年金は収入かと言う問題もありますし、年齢と言うことがどうしても貸し出しのネックになります。消費者金融も支払いの最中で債務者が死なれてしまうリスクを回避していかなければならないですし。

独立行政法人 福祉医療機構に注目

独立行政法人 福祉医療機構では、年金に担保で貸し出しを行っているので注目してみましょう。  それは年金担保貸付事業です。ここで10万円~250万円の額で借り入れが出来ます。金利は年1.6%と言うので、消費者金融よりも全然低い率で借り入れ出来ることになります。 返済は、偶数月に得ることが出来る年金から天引きと言うことになります。 ただし原則とてこの方法には連帯保証人が必要です。

65歳以上でも、一定の所得があるなら・・・

銀行ローンは、まだまだ仕事をしている人たちには寛容と言います。年金受給者用のローンもあります。 ゆうちょ銀行での、70歳以下で安定収入があるケースではしたくと言うカードローンにも注目をしてください。500万円まで借り入れ可能であり固定金利で7.0~14.9% となります。
銀行、消費者金融で借り入れをする場合、やはりネックは年齢と言うことになり、70歳以上の人たちがなかなか借り入れすることは難しいようです。そして高齢者になっても安定収入が求められるケースが多いです。

高齢者の人たちは質屋を利用している

消費者金融でなかなか積極的に借り入れを受けることが出来ないから、質屋を利用する人たちが増えて来ているとも言われています。質屋でお金を借り入れするなんて、昔のことと思っていた人たちも多いかと思いますが、高齢者の人たちは、そのような場所からしか借り入れをすることが出来ない現状に段々となって行ってしまうことになります。
そこでは消費者金融と同様に、物を担保にてお金を借り入れする発想であり、利息と、借り入れたお金を返済することによって、再び預けた物を返してもらうことも可能です。返済期間内に返済出来ない場合、預けた物は質流れしてしまうことになります。質屋もお金を得る為の方法かもしれませんが、質屋営業法による上限金利は年利109.5% と言うことで、上限金利が20%の消費者金融で借り入れが出来るなら、やはり消費者金融からお金を借りると言う姿勢は間違いではありません。

The following two tabs change content below.
hanako

hanako

私は長い間、消費者金融に勤務して来ました。ゆえに内面からキャッシングのメリットもデメリットも知っています。多くのみなさんに経験をもとにした、出来る限りのアドバイスが出来ればと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加