希望限度額が300万円以内なら、所得証明書の必要なし。おまとめ・借り換えももちろんOK!

事前にご融資可能か1秒診断もできるので、借り入れに不安な方でも安心!

100万円~200万円を借り入れしたい

約2分23秒で読めます
gf1950320599w

100万円~200万円借り入れする場合どこで借り入れするのが妥当か

最近消費者金融でも100万円~200万円程度のお金を貸し出ししてくれるようです。500万円という額も消費者金融は貸し出しをしてくれるのは事実です。でも実際に消費者金融で500万円借り入れすることは簡単に出来ることではないことはうすうす気付いているのではないでしょうか。だったら、200万円借り入れだったら大丈夫かなと思っているのかもしれません。 

消費者金融の限度額には2つの意味がある

消費者金融など、限度額というのがありますが、ここには2つの意味があります。消費者金融など業者がここまで貸し出ししますよという額と、みなさんが実際に審査を受けて借り入れ出来る額です。消費者金融には、貸金業法改正によって総量規制の規則があり、もしも200万円借り入れしたいと思えば、600万円収入が必要であり、なかなか現状、200万円という額も借り入れしづらいというのが現実のようです。
500万円消費者金融は限度額としてOKと言っているものの、総量規制の方程式にあてはめれば、1500万円の収入のある人たちしか、借り入れの資格はないということになります。1500万円の収入の人たちが安易に消費者金融から借り入れするとも思えないですし、消費者金融という場所は何か矛盾していると感じることがあります。

200万円よりは100万円が借り入れしやすい

もちろん、100万円と200万円に大きな違いがあります。大体、みなさんが消費者金融で借り入れしようと思う時、100万円、200万円程度が限界だと思われます。
そして最初に500万円と言う限度額を扱ったため100万円と200万円は一緒という概念も何処かに誕生してしまうのかもしれませんが、もちろん一緒ではありません。
更に総量規制の問題で消費者金融が貸し出しをしてくれる額というものを気にする一方で、実際に借り入れしたときどの程度の利息を支払いしなければならないかということも考えていかなければなりません。総量規制などという向こうで縛る規則と同時に、自分たちが自分たちの生活を照らし合わせて規制をかけていかなければならないものが消費者金融のキャッシングと言えます。

どの程度利息を支払いしなければならないか具体的に考えてみよう

100万円を借り入れ出来たとして、14.8%、5年間、元利均等返済を行って行くとして421,105円という額の利息を支払いしなければなりません。もしも100万円で済むところついでのような気分で200万円借り入れした場合、同じ条件なら、842,209円もの利息を支払いしなければなりません。
この時みなさんは何を考えるでしょうか。100万円程度にやっぱり抑えるべきか、または100万円でも決して借り入れするべきでないと考えるのかもしれません。

 

The following two tabs change content below.
hanako

hanako

私は長い間、消費者金融に勤務して来ました。ゆえに内面からキャッシングのメリットもデメリットも知っています。多くのみなさんに経験をもとにした、出来る限りのアドバイスが出来ればと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加