希望限度額が300万円以内なら、所得証明書の必要なし。おまとめ・借り換えももちろんOK!

事前にご融資可能か1秒診断もできるので、借り入れに不安な方でも安心!

やっぱり借り入れは一番金利の低い場所で

約2分2秒で読めます
ar0010004460w

しっかり金利を意識して借り入れしていますか?

お金を借り入れする時に私達はしっかり金利のことを考えて借り入れをしなければなりません。金利のことを意識すれば、銀行カードローンがいいという結論になります。
銀行カードローンが、銀行系カードローン、消費者金融と比較して金利が低いと言われていますが、理由は審査が厳しいからです。なぜ、消費者金融などの場所で金利が高いのかと言えば、貸し出しを行って返済出来ない人たちが多くいる為に、そのようなリスクを金利を高くして補っているのです。
銀行という場所は、高額目的型ローンよりスタートしている為、当然審査は厳しいと言うことからスタートしています。更に銀行カードローンは銀行法に従った審査形式と、消費者金融を保証会社にした審査と二重の審査形態を取っているので、審査が複雑化して、時間がかかるとも言われています。
金利ということを意識するなら、やはり銀行カードローンということになりますが、銀行カードローンは簡単にお金を貸し出ししてくれないということで、仕方なく消費者金融へ大勢が流れてくることになりますが、消費者金融もそれでもグレーゾーンが撤廃されて、まだ借りるに値すると言えるようにはなりました。

しかし、それでもやはりまずは銀行カードローンを目指すべき?

もしも、10万円借り入れをして、金利が14%と18%というところがあれば、一体どのようなことになるのか、一度金利の%という視点ではなく、利息のいくらという視点で具体的に捉えてみてください。
%ではなかなか私達の具体的判断にはなりません。借り入れする時、実際に自分で紙の上で利息を計算するモチベーションはとても大事です。
そして利息にこんなにも支払いしなければならないのかと思えば、キャッシングをしないというのも方法ですし、借り入れしても利息が増える前に返済をしようという姿勢も生まれて来ます。
14%で10万円を借り入れすれば1ヶ月1,150円が利息ですが、18%の場合は1,479円となり、300円以上の差になります。一年経過することによって4,000円程度の差額になってしまうことになります。
この程度なら・・・という思い方をしても構わない訳ですが、やはり、最終的に私達はもったいないという判断に至るのではないでしょうか。
居酒屋で飲み食いすることは形が残らないからもったいないと言う人たちがいますが、利息にお金を支払いすることはそれ以上もったいないことです。

The following two tabs change content below.
hanako

hanako

私は長い間、消費者金融に勤務して来ました。ゆえに内面からキャッシングのメリットもデメリットも知っています。多くのみなさんに経験をもとにした、出来る限りのアドバイスが出来ればと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加