希望限度額が300万円以内なら、所得証明書の必要なし。おまとめ・借り換えももちろんOK!

事前にご融資可能か1秒診断もできるので、借り入れに不安な方でも安心!

消費者金融は銀行カードローンの情報はなかなか把握出来ないか

約2分9秒で読めます
af9920056399w

消費者金融はCICと日本信用情報機構の両方で審査されている

消費者金融は、ただ日本信用情報機構という信用情報機関に加盟して審査が行われていると一般的に言われているもののそうではありません。実際に確実性を求めるなら、複数信用情報機関があり
、信用情報機関のタイプが違うのなら、複数の信用情報機関全部に加盟することが正しい方法です。
アイフルやアコム、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)などでは、既にそのことを理解し、審査においてCICと日本信用情報機構の両方に加盟をしています。日本信用情報機構一つの信用情報機関に加盟している消費者金融と比較すれば、難易度が高くなるとも言えますし、企業の姿勢も多少見えてくるのではないでしょうか。
そして、CIC、日本信用情報機構、2つの信用情報機関より、現在、他の金融機関より借り入れがあるのか、過去にどのようなローンを利用していたのか、延滞があるか、債務整理など過去に行っていないかなどを情報収集し、審査をして行きます。そして、消費者金融などでは、延滞や強制解約、債務整理と言った金融事故情報を特に重視し、共有しあって徹底的に審査を行って行くことになります。

銀行カードローンの情報は・・・?

ここで一つ問題あります。もしも、借り入れしようとしている人が、銀行カードローンでの返済を3ヶ月以上延滞したということなら、万全と考えるCICと日本信用情報機構の複数情報では判らず、そのような人が審査に安易に通過してしまう可能性があります。
消費者金融が万全というものの、実際には全国銀行個人信用情報センターに消費者金融が加盟している訳ではありません。
ただし、全国銀行個人信用情報センターに非加盟というものの、情報は、しっかり三つの信用情報機関の間で共有されていることを理解してください。実際に、全国銀行個人信用情報センターにも消費者金融が加盟すればいいという向きもありますが、現状まだそこまでしている消費者金融はないと思われます。ただし、

CRINというシステムによって補っている

現在進行形の情報なら、CRINというシステムによって、おおかた判断出来るので、これで万全な審査形態が構築出来たのだと消費者金融で判断しているようです。最後に、以前なら信用情報機関の情報など信用せずに営業を行うことも可能だったのですが、貸金業法が改正されて消費者金融は信用情報機関に加盟しなければならないと言うことが徹底化されるようになりました。小さな消費者金融でも情報は共有しあっています。

 

 

 

The following two tabs change content below.
hanako

hanako

私は長い間、消費者金融に勤務して来ました。ゆえに内面からキャッシングのメリットもデメリットも知っています。多くのみなさんに経験をもとにした、出来る限りのアドバイスが出来ればと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加