希望限度額が300万円以内なら、所得証明書の必要なし。おまとめ・借り換えももちろんOK!

事前にご融資可能か1秒診断もできるので、借り入れに不安な方でも安心!

社内ブラックを消したいけどそれは可能なのか

約2分10秒で読めます
px0010054523w

一度社内ブラックになれば消すことが出来ないものか

社内ブラックはクレジットカードの現金化など規約違反をした場合、信用情報機関に登録するまでもなく社内に留まる負の情報です。
クレジットカード会社、消費者金融で、この人と関わり合いたくはないというケースに、社内ブラックが入れられることになります。
本当のことを言えば、他のクレジットカード会社、消費者金融の為に情報を提示した方がいいかもしれませんが、やはりいちいちそこまですれば、顧客開拓のネックにもなりよけいなお世話と言われてしまうかもしれません。
ブラックだけど、社内に留める程度の情報が社内ブラックと言うことになります。過払い返還請求をすれば社内ブラック扱いになると言われていますが実際に全部が全部社内ブラック扱いと言う訳でもありません。 信販系・流通系クレジットカードなどは結構過払い返還請求にゆるいとも言われています。過払い返還請求をしたのに持続してカードが使えることには不思議さすら感じますが。

社内ブラックの規定は極々曖昧

そこにどのような理由があるかは判らないです。社内ブラックとは、いわば実際に存在するものの、規定がかな曖昧で、いい加減で、社内の利己主義に依存しているものだと言うことが判ります。

個人情報保護法が厳格化されて

消費者金融、クレジットカード会社などでは、個人情報保護法が厳格化されることによって、情報を管理する手間がどんどんストレスとなって来たようです。
情報を作れば、管理しなければなりません。社内ブラックも情報であり、社内ブラックが存在しなければ、机の一つの引き出しを空にすることが出来ます。コスト、リスク、そしてストレス、消費者金融などでも、社内ブラックに対してそれ程重んじない形態が今後作られようとしているのかもしれません。
社内ブラックのいい加減さは、借り入れする側にとってメリットの大きい、社内ブラックの消滅化へと繋がって行くことになるかもしれません。
そして今後総量規制の視点からももっとしっかり運営されていかなければならないのは、信用情報機関です。JICC(日本信用情報機構)、CICなどが、完全に信頼出来る情報なら、企業は敢えて、個人個人で顧客の負の情報など抱える必要はありません。
以前の消費者金融なら、ちょっとタメグチだった為に社内ブラック扱いと言うこともあったようです。タメグチだけで借り入れ出来ないと言うのは、ちょっと無茶ですが、それもいい加減な社内ブラック規定のせいです。

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
hanako

hanako

私は長い間、消費者金融に勤務して来ました。ゆえに内面からキャッシングのメリットもデメリットも知っています。多くのみなさんに経験をもとにした、出来る限りのアドバイスが出来ればと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加