希望限度額が300万円以内なら、所得証明書の必要なし。おまとめ・借り換えももちろんOK!

事前にご融資可能か1秒診断もできるので、借り入れに不安な方でも安心!

そんなに簡単に過払い返還請求は出来るものなのか

約2分7秒で読めます
xf1265027507w

あまりにも安易に見えるから過払い返還請求に注意したいこと

誰ですぐに過払い返還請求が出来るイメージがあまりにも大きいゆえ、尚更ちょっと注意しなければならないこともあるのではないでしょうか。そもそも過払い返還請求には時効がありますので、特にそのことにも注意が必要です。
過払い返還請求をすることが出来るのは、借金を完済して翌日より10年間の間です。結構10年という期間はすぐに訪れ、それを過ぎてしまえば、過払い返還請求をしてもお金をもらうことは出来ません。
そして、今まで取引を行っていた消費者金融が倒産していると言った場合、 過払い返還請求するべき額があっても、会社に対して請求を行うことが出来なくなってしまいます。兎に角過払い返還請求をしたいと思っている人たちは、すぐに請求する姿勢は大事です。

過払い返還請求を弁護士にお願いすればすべて望み通り解決出来るものか

過払い返還請求と言えども法律に関することなので、なかなかはじめての人たちは対応が難しいかもしれません。 だから、やはり弁護士に依頼してしまうことになるのでしょうか。
ただし、弁護士にお願いして、過払い返還請求が100%全額回収出来るかと思えばそこには大きな間違いがあります
なぜ、100%得ることが出来ないのかと言えば、消費者金融の立場になって考えると判ることです。
突然、借り入れしている人たちが利息の払いすぎだから100万円返金してくれと言います。消費者金融は、「それはもっともです。判りました、すぐに100万円返金しましょう」と言うことに簡単になりうるでしょうか。
しかし、「何言ってるんだ、今まで君たちはその金利で納得して借り入れしていた訳だから、全然返すつもりはないね」と言いたいところですが、そうとも現状消費者金融は言うことが出来ません。だから、消費者金融は、大体現状真ん中あたりをとり、それなら5割程度の50万円で和解をしましょうと言う話しをもちかけて来ます。消費者金融では、このような形でほとんどの場合、減額要求を行って来ます

しかし裁判にすればいいと言うものの・・・

だったら、単に裁判で闘えばいいと言うことになるのでしょうか。裁判では100%のお金をもぎ取ることが出来るかもしれません。それでも弁護士に依頼して解決することがおすすめな理由は、裁判にすれば時間がかかることになり、その間に消費者金融が倒産でもすれば、過払い返還請求が一円も戻ってこないケースが出てくるからです。みなさんに覚えて欲しいのは過払い返還請求はかなり時間が勝負です。

The following two tabs change content below.
hanako

hanako

私は長い間、消費者金融に勤務して来ました。ゆえに内面からキャッシングのメリットもデメリットも知っています。多くのみなさんに経験をもとにした、出来る限りのアドバイスが出来ればと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加