希望限度額が300万円以内なら、所得証明書の必要なし。おまとめ・借り換えももちろんOK!

事前にご融資可能か1秒診断もできるので、借り入れに不安な方でも安心!

私はプラチナカードでなくゴールドカードで充分

約2分7秒で読めます
px0010090071w

プラチナカードほど見栄を張る必要はない?

スイートルームが半額になるのもプラチナカードのサービスのようです。しかし、そもそもスイートルームに泊まる必要のない人たちにとって全然意味のないことではありませんか。
クレジットカードはやはり自分の身の丈を知り、スタイルに合っているものを作ることをおすすめします。プラチナカードにはいろいろな特典、サービスがあり、そのようなものが実際に日常生活において必要か否かの問題です。特定の居酒屋・レストランでのサービスを受けたい程度の問題ならゴールドカードで充分です。 年間100から300万程度のショッピングと言うのなら全然ゴールドカードの範疇なのではないでしょうか。ゴールドカードにも結構優れているカードがあります。

ゴールドカードの審査は低くなった

プラチナカードが存在してゴールドカードの存在はちょっと庶民的になったとも言えます。年会費1万円程度かかるスタンダードなゴールドカードなら、以前は年収500万円以上必要と記載されていることが多かったですが、今は安定した収入といわば消費者金融でキャッシング審査を受ける程度に留まっていたりします。ただしやっぱり消費者金融よりは審査の難易度は高く年収250万円程度の人たちはなかなか審査に通過しない現状はあるようですが。おおかたゴールドカードはちょっとだけレベルの高い年収400万円クラスの人たちが現在持つべきカードと言うことが出来ます。

ゴールドカードも多様化する

いろいろクレジットカードも多様化するから、今までのゴールドカードのあり方をスンダードと区別するようになりました。
年会費1万円と言うのがスタンダードですが、年会費1万円を下回るゴールドカードも登場するようになったのです。年会費2,000円程度のものがあるのでやっぱりゴールドカードは、誰でもが手に入れることができる安易なものになったとも言えるのではないでしょうか。

ゴールドカードの選択方法

この一枚を選択する訳ですから、やっぱり失敗はしたくありませんよね。しかしこの一枚を決めることがとても難しいのです。
その為にみなさんのクレジットカードを作る目的をもう少し明確にする必要があります。空港ラウンジサービスなど関心がなくただゴールドカードを持つことに憧れている人たちもいるでしょう。そのような人たちは年会費が一番安いゴールドカードは何かと言う選択をしてみてください。 MUFGカード ゴールドは、 18歳以上、年会費は2,000円です。

 

 

The following two tabs change content below.
hanako

hanako

私は長い間、消費者金融に勤務して来ました。ゆえに内面からキャッシングのメリットもデメリットも知っています。多くのみなさんに経験をもとにした、出来る限りのアドバイスが出来ればと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加