希望限度額が300万円以内なら、所得証明書の必要なし。おまとめ・借り換えももちろんOK!

事前にご融資可能か1秒診断もできるので、借り入れに不安な方でも安心!

総量規制を違反している貸金業は危ない!

約2分5秒で読めます
xf1435019993w

借り入れしたい人たちにとって総量規制はネックなのか

そもそも総量規制のことがよく判らないと言う人たちは未だいるようです。なぜなら、総量規制とは借り入れする人たちがこれ以上借り入れしたら返済が出来ないからと、消費者を守ってくれている訳ですが、しかし消費者金融でお金を借りたいと思っている時に将来返済出来なくなる可能性があるからあなたには貸し出し出来ませんと言われても、全然説得力ないではありませんか。
やっぱり総量規制を無視しても消費者は借り入れしたい時があるはずです。
消費者金融でも総量規制以上のお金を貸し出ししたら回収出来ないリスクを背負うことになりますが、消費者金融にだって回収出来るテクニックがあり、総量規制範疇以外の人たちにも貸し出ししたいと思うことがあるでしょう。
総量規制は、借り入れはする人たち、消費者金融共々デメリットを抱えているようです。何が問題かと言えば、総量規制の範疇が厳しいと言うことかもしれません。もっと寛容的でも良かったのではないでしょうか。これは間違いなく今まで行って来た消費者金融のあくどい行為に対しての制裁と考えることが出来ます。

ただし総量規制を守っていない貸金業には注意が必要

借り入れしたいけど総量規制の問題があって借り入れ出来ない人たちに、総量規制なんて関係はありません。自由に貸し出しをしましょうと言う金融業者があれば、やはりそこに用心をしなければならないのではないでしょうか。
違反している金融業者なんて今危ないですよ。
今消費者金融は金融庁から厳しく目をつけられていてなかなか簡単に違反する勇気すら持っていません。もしも私は総量規制の問題は関係ありませんと言うのなら、それは闇金業者です。いつ営業停止になるか判らないと言うことで戦々恐々としてしっかりルールを守っている会社こそが現在の消費者金融です。一杯既に債務を背負っているあなたに対して、困っているならいつでお金を貸し出ししてあげるよと言う貸金業者が危ないのです。ただし闇金業者が無茶ということではなくて、大体闇金業者のしていることもかつてのサラ金程度と考えると、本当にお金を困っている人たちは、闇金業者も方法だと言うことになってしまうかもしれないですよね。
しかし、闇金業者は本当に法外と言うことで、みなさんが返済が出来ず弁護士にお願いしようが、破産にしようが、そんなものは無視して督促されてしまうことになりますが。大丈夫でしょうか。 

 

 

 

The following two tabs change content below.
hanako

hanako

私は長い間、消費者金融に勤務して来ました。ゆえに内面からキャッシングのメリットもデメリットも知っています。多くのみなさんに経験をもとにした、出来る限りのアドバイスが出来ればと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加