教えてキャッシングQ&A

キャッシングを断られるのはどんな人?

キャッシングの審査で断られるのは、端的に説明をすると返済能力が低いとみられた人です。返済能力が低いとされるのは、一般的には収入が少ない人のことになります。収入の少ないアルバイトやパートなどの人は、融資をしても返済できなくなる可能性が比較的高いので、厳しいとされています。
また収入を一定金額以上得ていても、自営業や個人事業主、フリーランスの方などは、多くの収入を得ていても不安定とみられてしまう事があります。そのため、返済できなくなる可能性が高いので、キャッシングの審査を断られる理由になります。
一定金額以上を安定して稼いでいる正社員は、キャッシングを利用できる可能性は高いです。しかし、正社員でも勤続年数が極端に短い新入社員や転職をしたばかりの人は、審査で落とされることもあります。
また収入や職業以外にも、他社からの借入件数や金額が多いことも、キャッシングを断られる原因です。
これらのどれかに当てはまってしまうと、キャッシングを利用することができない可能性があります。