教えてキャッシングQ&A

個人信用情報って何?

キャッシングサービスを利用したいと思う方は、金融業者の審査に通過しなければなりません。審査ではさまざまな本人属性が調査されますが、その中には個人信用情報というものもあります。
これは文字通りその人がとれほど信用できるかの情報という意味ですが、申込み者本人の金融に関わる個人信用情報です。具体的には、他社からどのぐらいの借金をしているか、過去にどんな金融事故の履歴があるか、そういった情報がターゲットになります。そしてこうした情報が、キャッシングサービスの審査で調査されるのです。
そして調査の中で、許容範囲を超える他社借入があったり、重大な金融事故の履歴があれば、それによって審査が不利になったり、場合によっては利用不可とされてしまいます。
こうした意味において、キャッシングサービスの審査における個人信用情報という項目はとても重要です。銀行でも消費者金融でもそうですが、審査でまず注目されるのは、本人の収入状況や返済能力です。
ここを基準にして利用許可を与えるべきかどうかを決定しますが、しかし、信用情報においてあまりにも目に余る属性があると、収入があっても利用を拒否される可能性があります。