キャッシング用語集 ラ行

連帯債務

連帯債務とは、数人の債務者が、同一内容の可分な給付について、各自が独立して全部の履行をなすべき債務を負担し、債務者の1人または数人が履行すれば、他の債務者の債務もその分消滅するという債務です。
具体例として、AとBが共同でCから100万円を借りるとします。この場合、CはAとBを連帯債務とすることで、AまたはBの一方またはAとBの両方に対して、同時または順次に100万円全額の請求をすることができます。

>キャッシング用語集に戻る