希望限度額が300万円以内なら、所得証明書の必要なし。おまとめ・借り換えももちろんOK!

事前にご融資可能か1秒診断もできるので、借り入れに不安な方でも安心!

焦ってしまうと相手の思うつぼ!しっかり冷静に事実確認をしていくことが大切

約2分2秒で読めます

詐欺に巻き込まれそうな時、相手がいかに、それらしい理由をつけていたとしても、一度しっかりと

事実確認をしなければいけません。

相手がそれらしい公的な機関を名乗ってきたのであれば、相手の言う事をしっかりとメモし、名前等をしっかりと聞き取ってから、その電話の後、その公的機関に対して自分から電話をしていくことが必要です。

この手順を踏んでおけば、ほぼ詐欺は防いでいくことができるはずです。

詐欺であれば、こちらからの公的機関への電話に対して、本当の公的な職員がしっかりと確認をしてくれます。

相手からの一方的な電話や、情報のみで動いてしまうと、それは詐欺の術中にはまってしまっていることになるため大きな注意が必要であるでしょう。

BPO調査機関”名乗り…詐欺の疑いで男3人を逮捕

「アダルトDVDを見たので、裁判を起こされます」などと嘘の電話を掛けて金をだまし取った疑いで、男3人が逮捕されました。

 糸賀徹平容疑者(36)と山本良太容疑者(35)ら3人は、40代の男性に「NPO法人がアダルトDVDを見た人に裁判を起こす準備をしています」などと嘘の電話を掛け、金をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、糸賀容疑者らは「BPO調査機関」という組織を名乗り、「裁判は、まだ取り下げられるが費用が必要」などと金を要求していました。取り調べに対し、3人はいずれも黙秘しています。去年10月から同じような手口による被害が全国で約2500万円確認されていて、警視庁が関連を調べています。

引用先:YAHOOJAPANニュース https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170428-00000000-ann-soci

BPO調査機関と組織の名前を利用したこの案件についても、しっかりとこちらから、機関に対して連絡をとることができれば、詐欺はほぼ防いでいくことができます。

このような公的な名前や、組織の名前を利用した詐欺というのはとても増えてきています。

このような詐欺はとても騙されやすく、何より詐欺を仕掛けられているほうが非常に焦って、冷静に判断できなくなってしまいます。

相手からの電話に対して、自分からも、公的機関や組織に電話をして対抗をしていく手段は非常に強力な対抗手段になるので、是非しっかりと関心を持っておくことをオススメします。

The following two tabs change content below.
WYwriter

WYwriter

お金について気になること、不安な事、巻き込まれたくない詐欺や事件などについて紹介をしていきます。多様化しているお金との付き合い方は知っておいて損はありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加